FC2ブログ





普段は真面目なOLですが、プライベートはオナニー三昧です。そんな私のオナニー日記を読んでください。



プロフィール

NORIKO

Author:NORIKO
よくいらっしゃいました。どうぞごゆっくり。

※18歳未満の方はご退出下さい









Theインディーズ

アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム




キーワードアドバイス
ツールプラス































80,000人以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトプログラム



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



フリーエリア


激激素人専門
エロセブン
フリーセックスジャパン
シェイクライブ
シェイクガール
MeetSM 女性会員向け
MeetSM 男性会員向け
愛アプリ
【働く女は美しい♪職業別専門サイト】
JPムービーズ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全裸でオナニー
自分の部屋で全裸になる事は珍しくないけど、意外とオナニーをする時って
全裸にならない。だからたまに全裸でオナニーをすると新鮮。

最初に下の方から脱いで、途中で鏡を見ると結構いやらしい。それだけで
アソコがじんわり湿ってくる。そこですぐ始めるのを我慢して上も脱ぎ全裸になる。

すぐにアソコを触りたいのをこらえて、胸や首筋、腰あたりをゆっくりと触る。
ゾクゾクッと来て、さらに汁が出るのが分かる。

我慢できなくなったところでゆっくりとアソコに手をやり、初めは優しく撫で、
だんだん手の動きを速くする。このころにはもう息が荒くなり、声が出てしまう。

「ハッ、ハアハア・・ア・・アッ・・ンンァア・・アアアン・・アン・・」

私は感じ始めると後は早く、一気にオーガズムに達する。

「ンンアアア、ァァァアアアアッ、、、アッ、、、アアア」

大きく腰を上下させ、体をくねらせ、果てる。

「ふぅぅ・・・」

鏡を見ると、髪が乱れ、頬は紅潮し、恥ずかしくも少しよだれが垂れていた。

そんな自分の姿を見るとなぜかまた興奮し、再び手がアソコへ伸びる。

こんな感じで数回イッてしまうのです。


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:オナニー - ジャンル:アダルト


営業マン
今日は、昼間仕事場に来ていた営業マンが気になった。

一見弱弱しくも見えたけど、芯があって仕事が出来そうだ。
書類を扱う指先がしなやかで、とても綺麗だった。

さっきその指先を思い出しているとアソコがムズムズしてきた。

部屋着の短パンとパンティーを下ろし、右手を股間に入れた。
うっすらと湿っていて、触った感触が心地よかった。
そのままゆっくり手を動かすと、快感が一気に上昇してきた。
昼間の営業マンのしなやかな指先が頭の中を巡っていた。
中指の小刻みな動きでクリトリスを刺激した。左手はTシャツの下から
手を入れて、乳首をまさぐり、つまんだり弾いたりした。

頭の中が真っ白になっていった。大波のような快感が押し寄せる。
両足はピンと伸び、足の指先は思い切り広がっていた。
ついに声が出る。

「アハーーーッ・・・アンアーッ・・・」



程なく絶頂がおとずれた。


全身はしばらく硬直したままだった。

落ち着いてくると徐々に力が抜けていった。私は深呼吸をした。

「ふぅ~~・・・・」


気を取り直し、鏡を見た。髪が乱れ、少しやつれた私がいた。
私は少し恥ずかしくなり、苦笑した。

鏡の中の私は、淫靡に私を見つめ、笑っていた。

テーマ:オナニー - ジャンル:アダルト


寝起きオナニー
昨夜がかなり暑かったからか、冷房をつけて寝る習慣の無い私は今朝起きると、
寝る時に着ていたはずのTシャツとパンティーを着けていなかった。

夢うつつのままなにげなく手で体をまさぐると、その感触が気持ちよく、
手は自然に両乳首を撫でていた。

まだはっきりと覚醒していない体が妙に反応する。

ア・・感じる。。気持ちいい。。

もう両手は乳首から離れられなくなった。ゆっくり、ゆっくりと乳首を
刺激し続ける。息が少し荒くなった。アソコもじんわりと湿ってくるのがわかる。

もう我慢できなくなり、右手を乳首から離し股間へ持ってくる。表面を恐る恐る
触ってみるとやっぱり、もう随分濡れていた。

たまらず右手中指の動きが忙しくなる。左手も両乳首を交互に行き来した。

吐息が荒くなる。

「ハアッ、、ハアアッ・・アアァ・・」

私は強く刺激した方が感じるタイプなので、もうこの時点では右手はクリトリスに
押し付けて、思い切り上下に動かしている。左手は左の胸を強く掴んでいた。

急激に強い快感が押し寄せて来た。もうイクようだ、、

「あああっ、、、ああっあ!」

朝だからか、イクのは早めだった。快感はまあ強めな方だった。

日曜の朝は、いつもこんな感じで寝起きオナニーで目覚める。



思い出しながら書いていたら、また感じてきちゃいますね、、w


テーマ:オナニー - ジャンル:アダルト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。